メープルマウンテン日記

メープルマウンテン日記

森のガーデニング、自家用有機農業やバンクーバー島での田舎生活など。

ヘザーさんの森

f:id:kinamika:20200405181933j:plain

ヘザーさんの森の谷底を流れる小川

 

今住んでいるメープルマウンテンには、把握しきれない程たくさんのハイキングトレールが作られている。ソーシャル・ディスタンシングが重要な今も、裏庭から妻と犬を散歩させるハイキングは問題無いかなと思っていたが、時折グループでハイキングする集団を見る。テレビのニュースでは、隣町のビクトリアで、ホームパーティーやハイキングでソーシャルディスタンシングが尻抜けになっているとの批判的な報道も見た。

 

グループと一緒にならないように、数日前から、裏の町有林のトレールには行かないことにした。そのかわり、毎日隣のヘザーさんの森を散歩させてもらっている。

 

ヘザーさんは、住んでいるのは別の場所だが、うちの隣の森を亡くなったご主人から引き継いで、お子さんに残そうとしている。彼女にとっても、子育ての時期を通じて愛着のある土地だ。私は、ヘザーさんとは、山火事の後、火事対策で協力する中で親しくなった。彼女はこの辺りでは珍しく大陸ヨーロッパがお好きで、長い間住んだイタリアに「ハートを置いてきた」とおっしゃる。

 

さて、ヘザーさんの森は、変化が多く、いくつかの異なる顔を持っている。

 

一つは、過去に石材採掘を行った跡地で、今は開けた場所が一年中水を湛えるいくつかの池になっている。うちの犬たちにとってはありがたい遊び場所だ。

f:id:kinamika:20200405181951j:plain

f:id:kinamika:20200405182013j:plain

 

それから、谷底の川と、それを挟む温帯雨林風景は、ヘザーさんの森の中で私の一番好きな場所だ。

f:id:kinamika:20200405182441j:plain

 

そして、谷底から斜面を上がると、岩場と、それからダグラスファーの森になる。ちょっと崖を登ると、眺めの良い場所もある。

f:id:kinamika:20200405182035j:plain

f:id:kinamika:20200405182051j:plain

f:id:kinamika:20200407130257j:plain

 

この春は、ヘザーさんの森にすっかりお世話になっているので、今度何かお礼をしたい。ご自分では畑をやっていらっしゃらないので、農作物は喜んでもらえるだろうか。いずれにせよ、ソーシャルディスタンシングの勧告が撤回されてからだ。

 

ちなみに、うちを農場に転換するときは、ヘザーさんの森の、うちに隣接する部分だけを借りるか買い取ることが前提になる。ヘザーさんから承諾いただけそうな感触は受けているが、いつかもっと具体的な話をしておく必要があるかもしれない。

 

f:id:kinamika:20200405181751j:plain

もしうちを農場に転換する場合には、ヘザーさんの土地のこの辺りまでを借りるか取得するのかなと思う。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村