メープルマウンテン日記

メープルマウンテン日記

森のガーデニング、自家用有機農業やバンクーバー島での田舎生活など。

薪積み

雨が本格化する前にこの冬の為の薪を収納します。今年は子ども達二人で全部やってくれました。森の暮らしを通じて、子ども達は働き者に育っている。

魚の一括購入。そして今思っている事。

ここのところ忙しく夜は寝落ちの繰り返しで、ブログをオープン出来なかった。久しぶりの記事です。 近くの漁村で漁より戻った船から魚を受け取り、今日はその処理をした。夏に鮭、タコ、エビ、白身魚を受け取り、秋に別の船からマグロを買うのが恒例となって…

日に焼けたシャクナゲ

水曜日からこの夏3度目の熱波になるそうで、35度以上の気温が予想されているようだ(1度目の熱波では44度まであった)。 ここカナダ西海岸に来た頃は、シャクナゲは水をやらなくてよい植物だった。それが水をやらないと咲かない植物になり、今では水をやらな…

地元のアートショー

田舎町で頑張るコンテンポラリーアーティスト(妻)。年月重ねてきてるから理解者は結構多い。 田舎嫌いだった彼女だが今はすっかりコミュニティに根付いた。 私の貢献は、地元の野生植物で生けてと言われた花瓶向けの植物を庭で採取してきたことくらい。 (追…

サマーガーデン

うちの7月のガーデンの主要メンバーのいくつかだけ駆け足で紹介。 カナダ西海岸の7月は乾期の厳しさが本格化して、状態の良い草花が減ってくる月。とくに、うちのように、出来るだけ水遣りを減らそうとしているガーデンではそれが顕著だ。付け加えるに、うち…

ビーバーム

ビーバーム(モナルダとかベルガモットとも呼ばれるみたい。日本語ではタイマツバナ)を干すのは例年8月だったけど、今年は進行が早いから今日妻がもう干していた。 干したビーバームは、ハーブティーに色と良い香りを添えるし、ドライフラワーは装飾に使う…

薪割りの日曜日

森の暮らしは私にも学びが多いが、忙しい生活は子ども達にも多くを教えていると思う。先日まだ中学生の長女が次女に「移民は勤勉じゃなきゃいけないのよ」と諭していた。 本当に、仕事が尽きない。

7月中旬、既に渇いた森

カナダ西海岸では引き続き私の過去十年の記憶には無い夏風景になっている。6月半ばから一度も雨が無くて、7月末までの予報でも雨の気配無し。森の中も、陽の当たるところのイネ科の草は乾ききった。これは私の知る普通の7月中旬の風景では無い。 雨を心待ち…

バンブルビーの写真

バンブルビーの写真をシェアする為だけの投稿なので、下へスクロール頂いても内容が何も無いです。妻のグループの人達がバンブルビーの写真が必要なのだそうです。

プラム、ベリー数種

先日も書いたのだが、クマが味をしめてうちに食べ物探しにやって来るようになるのを避けるのはとても大切だ。人を恐れなくなったクマは、州の係官に射殺されることになりかねない。 昨年はプラムが熟すのを待ったら、完熟直前にクマに食べられた。朝見に行っ…

畑を宿根草野菜にシフトする

太陽が高く上がる6、7月のお昼頃だけ全体に陽が差す家の裏の畑 うちの畑で最近やっていることを書いてみる。話があちこち飛びそうだがご容赦を。 森に囲まれたうちの畑で上手くゆくこと、そして難しいことが、試行錯誤の年月を通じてやっと分かってきた。 …

気候変動

子ども達を泉で泳がせながら考えるのは、この地に来てから最大の変化のこと。温帯雨林に理想の場所を見つけたと思ったが、5年前から突然の熱波と日照り。今年は地元で摂氏44度を観測。苦しむ木々や下草が痛々しい。二百近い木を植え、森や水と共存して畑や庭…

ドッグビーチ

気候変動の心配ばかりして暮らしてもいられないから、ハイキングや水遊びで子ども達や犬達もエンターテインする。

お化けスギナの海

ここのスギナは背丈が腰まで届くような大きさだ。森の湿気の多い地面を一面覆ったりすることもあり、夏にはそれがびっくりするくらい美しかったりします。 ところで、森の植物では、林縁のオーシャンスプレーは今花が褪せてきたところ。園芸用に使われないの…

クマ来訪

今年は見かけてなかったクマが連日来訪。フルーツが実り始めてるからかな。クマが人家に来る癖を付けないよう早めにフルーツを収穫するのは大切なこと。昨年の失敗を繰り返したくない。 写真のクマは、うちの犬に吠えたてられて木の上に逃げたところ。基本的…

Government House(ブリティッシュ・コロンビア州副総督邸)のガーデン

島の観光案内人を目指すつもりは無いけど、ビクトリアで立ち寄った州副総督邸のガーデン(一般公開)がとても良かったので写真で紹介。 バラのピークは過ぎていたけど、それでも良い香りに満ちていた。 表のガーデンは整然として素敵な住宅街にブレンドイン。 …

ごぼう掘り

熱波の中、夕食後に外出できるくらいには涼しくなったので、いくらかごぼう掘り。新鮮なのは買えないから、短いのでも採りたては貴重。 わざわざ熱い中掘りに来たのは、熱波で地面が乾燥する前に収穫するため。地面が乾燥してしまうと、硬くて掘れなくなる。…

史上最悪の熱波到来

カナダ西部へ数日間続く熱波が到来し、今日まで三日間の最高気温はここバンクーバー島の田舎町で40度、44度、38度程度だったらしい。ブリティシュコロンビアのあらゆる場所で史上最高気温が塗り替わった。 朝、気温が上がる前に犬達を散歩。 40度の猛暑の中…

6月後半の花

忙しかった為、写真も撮っただけで溜めてしまった。6月後半の花の写真をこの記事に載せたい。いつ頃何が咲くか思い出せるよう、自分のメモ代わりです。 エルサレムセージ、キャットミント、フィーバーフュー トーチリリー シーホリー、それからローズカンピ…

切り干し大根

良く働く妻と長女が、いつの間にか沢山の切り干し大根を作っている。私はこれが大好き。どうもありがとう! 大根は普通のスーパーで買える。スーパーで買えない日本の野菜は、ごぼう、太ネギ、ヤマイモ、タケノコ、レンコン、里芋、ニラ、フキ、ミョウガなど…

ダンジネス・クラブ

同じ町に住む日本人の友人が、地元で獲れたカニを持って来て下さった。ここの海で獲れるカニの代表が、このダンジネス・クラブだ。久しぶりに楽しませていただいた。

つるバラなど

木漏れ日環境のうちでも、珍しく今年はバラが結構咲いている。とても良い香り。 ところで、二つのつる植物が、今年初めて花を咲かせている。どちらも野生なのか園芸植物なのか分からない。分かる方がいらしたら教えていただけませんでしょうか! 一つ目は、…

ワケギの植え込み作業

ワケギ(walking onion)のトップの株が立派に育ってきたので、切り取って次女と一緒に新しいベッドに植え込み作業を実施。 植え込み先は、収穫を済ませて空っぽにしておいたネギ畑の一番下の段や、 近くの新しいベッド。新しいベッドは、カマスの栽培をあき…

No Mow Mayを修正する

以前に、バンブルビーやその他昆虫の食糧の確保を助けるために、またヘビやネズミなどが棲みやすいように、芝生を5月に刈らないNo Mow Mayという運動が盛んになってきているようだという記事を書いた。 今年は、うちではそれを実践した(忙しくて芝刈りが出…

6月の花

5月から降り続いた雨がからっと晴れて、乾いた日々がやってきたようだ。今の季節の家の前の花壇の花はエルサレムセージ、キャットミント、フィーバーフューなど。 スノーベリーも、長い間あちこちで小さく咲く野生の花。バンブルビーはこれが大好き。

サーモンベリー、ハックルベリー

うちの周りの森の下草は、シダ類以外は食べられるベリーを付けるものが多い。次女は野生のベリーが大好きで、喜んで食べたり皆に採ってきたりする。4年生になってちょっと幼い気もするが、楽しんでくれて私は嬉しいし、喜んで食べているのをかわいいなあと思…

木陰のベンチ

雨続きで乾く間もないベンチ。週末には暑くなりそうなのでやっと乾きそう。 2年前に置いたが、その年はクマの出没で外で寝そべられなかった。翌年は子どもの病気騒ぎで気が付いたら夏が終わっていた。 樹冠を見上げるととても心地よいので、忙しい妻や子ども…

メープルのサラダボール

うちで倒れたメープルの木は、自分で製材して家の内装に使ったりしているが、売ろうとすれば大小それなりに商業価値もあるらしい。最近地元の職人が作ったメープルのボールを土曜マーケットで買ってきた。とてもきれい。サラダが一層美味しい。

ワケギ(walking onion)

うちの畑の主力の一つはネギ類。鹿も兎もナメクジも食べないし、木陰にも春雨にも夏の渇きにも強い。中でも冬を越して早春から収穫でき、株数もどんどん増やせるワケギとチャイブが中心。ここのワケギはトップに新しい株が出来るタイプ。トップがもっと育つ…

雨の後の森

雨の後の森の散歩は、空気がフレッシュでこの上なく気持ち良かった。 まだ春からの雨が続いていて、池の周辺を歩くと湿地に靴が沈む。森の生活では、一番怖いのは夏の火事なので、雨が多いのはありがたい。