メープルマウンテン日記

メープルマウンテン日記

森のガーデニング、自家用有機農業やバンクーバー島での田舎生活など。

ちょっとした生活改善

お隣の製材所のオーナーが、薪にでもしなさいとトラック一杯の端材を置いていったので、その一部を畑の通り道に敷いた。

 

草取りの手間が減るし、機械で周辺の草刈りをするとき畑の中まで間違えて刈らないで済む。

 

ちなみに、この畑も今年からは完全に宿根草野菜ばかり。必要な水やりの量を出来るだけ減らす為だ。手間を減らす意味もある。3種のラズベリー、ミョウガ、ワケギ、アスパラガス、ロベージ、フキ、ブドウ、クコ、ルバーブや果樹が植わっている。

 

住み始めた頃は、食べ物を育てるのが楽しくエキサイティングで(もちろん今でも楽しい)、いろいろと試してきたが、水使用の削減と手間の軽減を昔より重視するようになった。ここ以外の畑でも、ワケギやラズベリー、宿根草ハーブ、果樹など植えっぱなしの食べ物がほとんどだ。

 

一年草野菜の栽培をやめたと言っても、山菜、ハーブや野生のベリーなんかも含めると、早春から秋まで結構ずっと収穫には忙しい。保存食も作るし、一年を通して庭の物を食べてる状態になってきた。

 

 

フキ

5月はフキの収穫シーズンになる。ちょうど、ワラビが少なくなるから、山菜の主役が交代する。

葉に載ってる白いのはプラムの花びら

 

今年は、フキの密集度合いが増し、茎が細くなったと思う。間引きをした方が良いのかも知れない。調べてみよう。

 

除草用の膝を置くツールが、濡れたフキ畑で収穫作業にすごく便利。

 

子ども達が採ったフキの処理、調理、瓶詰め保存作業をしてくれる。どうも有難う。

 

カラフルな時期

5月の中旬になると、いろいろな色のモミジも存在感が出てくるし、シャクナゲもシーズンを迎えるのが増え、また春の宿根草の花の種類も多くなって、色彩が増す。日本の家族が訪れるのも、本当はこの季節に合わせられるといいのだよな。うちのように水をそれほど与えられない場所だと、夏になると園芸植物はサバイバルするだけになりますからね。

 

セイリュウモミジ


この春には宿根草、球根や低木の植え込みもしたので、来年の春はもう少しまた色が増えると思う。

 

 

 

バンブルビー復活

4月から寒い日々が続き、一時早咲きの桜の頃は羽音が騒がしかったバンブルビー(マルハナバチ)が姿を消していた。しかし、暖かくなった今日、やっとバンブルビーの姿を沢山発見。本格的に戻ってきた。

 

ところでこの白いシャクナゲでも半分くらいの蕾が開いてきた。この木にも病気が見られる。シャクナゲには日が当たり過ぎる場所で、段々暑くなる夏を超えるのが厳しいのかな。来年以降も元気で咲きますように。

 

 

季節のメモ(その2)

この時期の庭では、シャクナゲが一つずつ開花期を迎え、またモミジが一つずつ新芽を開いてゆく。ちょうど今日撮った写真が、シャクナゲやモミジの開く順番の一部を思い出させてくれるものになると思う。これも自分の為の記録用ポストです。

 

 

家の近くの成熟したピンクのシャクナゲは、病気に罹っている様子ではあるが、今のところ花はゴージャスに咲く。来年以降も咲き続けてくれると良いのだが。

 

シャクナゲではこの白いのも割と早く咲く。

 

シャクナゲやアザレアでは、鹿によく食べられるのも一度も食べられないのも、その中間のもあり、予想は結構難しい(アザレアは大抵食べられる)。よく食べられると判明したのは鉢植えにして柵で囲まれたデッキなどに避難させてある。デッキのシャクナゲとアザレアは割と早咲き。

 

 

モミジの新芽も木によって様々な段階。撮った写真を並べます。

 

コトノイトモミジ(左)。その右はハックルベリーのブッシュ。

ベニオオタケモミジ

スプリングディライトモミジ

これもベニオオタケモミジ

ボンファイヤーモミジ

オレンジオーラモミジ

アマギシグレモミジ。昨年新しい直射日光の当たる場所で苦しんだが、記録的な猛暑を何とか生き残った。

レッドクラウドモミジ

オータムムーンモミジ(オオイタヤカエデメイゲツ)

ツカサシルエットモミジ

最も遅れているモミジの一つ、ベニハゴロモ

これも遅い、ベニユビゴホンモミジ

 

 

シャクナゲやモミジ以外でも、写真を撮ったものを以下に。付き合いが長くなってきたものが結構あるので、段々咲く時期を覚えてきた。

八重桜の関山

ブルネラ(青)とブリーディングハート(赤)

ブルーベル(青)とドロニクム(黄)

カウスリップ(赤)、野生のスミレ(紫)とドロニクム(黄)

目立たないながら可愛らしい形でバンブルビーを呼ぶソロモンズシール

妻と娘たちが買ってきたチューリップ。私はチューリップには疎くて、こんな形のもあるのを知りませんでした。


ところで、一番上のシャクナゲの風景だが、実は私は陽が登りきる前の木漏れ日の時間帯や雨の中の方が好き。森の中と一体化して背景にブレンドインする気がするのです。

 

 

季節のメモ

花が咲いたり、新芽が出てきた時期を自分の為に記録する投稿です。

 

このコデマリは、もう10年近く前、引っ越して来たばかりの時、一番最初に植えた植物の一つ。昨年からやっと花が増えてきて、華やかに咲いたのは今年が初めて。足下のオーブリエッタと一緒に、4月からこのエリアを白くしている。

チューリップがこの白に混じってくれるようになった。

 

フラワリングカレントも、早くから植え始めた植物。数年前から植え始めた道沿いが合っていたらしく、大きくなり、4月を彩ってくれた。5月の今は大分褪せてきた。

 

昨年植えたばかりのサービスベリー。Autumn Brilliance Serviceberryというラベルが付いていた。ナーサリーの方が、地元の植物であり夏の渇きにも強いと教えてくれた。4月から、結構長いこと咲いてくれている。

 

5月上旬の時点で、多数のモミジの木では新芽が開いてきている。まだいくつかは芽が閉じたままで、開くのはこれからだ。まだどの木も小さく、下の写真でも実は沢山のモミジが入っているのだが、隠れていて目立たない。育ってゆくのが将来の楽しみ。何年かすると風景が変わってゆくだろうか。

 

松月桜は今7部咲きくらいだろうか。隣の白妙桜と味わいが違う。

 

裏山を散歩すると、今咲いている野生の植物達。

ドッグウッド(ヤマボウシ)

エルダーベリー

シューティングスター




 

アスパラガス、ワケギ、チャイブ

今年からアスパラガスの収穫を開始。話には聞いていたけれど、自宅の菜園で収穫するアスパラガスとお店で売られているモノでは、まるで味が違いますね。とてもジューシーで甘い。

 

地元では買えない青ネギの代替品として、とても使い勝手が良いのがワケギ。日本のワケギとは少し違い、ここの気候で簡単に栽培できることを確認済みのウォーキングオニオンと呼ばれるものだ。苗床のが育ってきたので、追加のベッドをワケギで埋め尽くすべく、まずは2列を植えこんだ。

来年の春には、これらが立派な株になってここからも沢山収穫が出来るだろう。

夏には「トップセット」と呼ばれる球根の束が従来のワケギ畑で沢山出来るから、それも植えこんで3列か4列にするつもり。あまり混雑させると堆肥を与えにくくなるし、風通しが良くないと病気も心配だから、余裕を持って3列かな。

 

ちなみに、このワケギはここでは3月から5月が収穫期だ(秋にも収穫できるが)。毎日食べている。宿根草なので、根から掘り出すのでなくて、地上部分をハサミで切り採る。今頃になると、花が準備されるようになってきて、放置すると茎の中のとろみが無くなり、葉も堅くなって味が落ちる。

花の準備が始まった。

根こそぎ全部切り採ると花の準備も始まらず、2度目の収穫が出来るだろうか。それとも、植物の元気が無くなってしまうだろうか。何株かで実験中。

春の終わりに2度目の立派な収穫となるだろうか。来年も元気に育つだろうか。

 

チャイブも、ちょうど花茎が出てきた。チャイブは地面の近くで株ごと収穫してしまうが、2度目は採らない。一度目だけで十分採れるので、大量の餃子を作って、冷凍してしまうのだ。今年は先週末に実行した。カナダのキャベツは美味しく無いので、数年前に代わりにチャイブを使い始めたのだ。細かく刻んだ丸いチャイブがふんわりと空気を保って、とても食感の良い餃子になる。お試しあれ。

 

 

田舎道

街へ出る途中に、ちょっと回り道。この島の牧場風景は、北米の典型的な大規模農場のそれとは違い、こじんまりとした、フレンドリーな風景だ。

 

 

そしてこの日、街で時間を過ごしたのは、ファーマーズ・マーケットで。まだ野菜の種類は少ないが、加工食品やハンドメイド製品などのブースも多く、結構にぎわっている。木製品のブースの方と話をすると、まだ大都市からの訪問客や米国からの観光客が戻っていない為、値段の高いものは売れていないそうだ。

 

 

家へ戻って、先日設置したピクニックテーブルで、妻とお茶の時間。気持ちの良い春の日でした。

 

 

白妙桜や赤いシャクナゲも満開になりました。

 

 

 

ブラックベア

家の近くを本拠にしてしまった様子なのは、オスの単独クロクマ。昨日はコンポスト容器をひっくり返して、小さなリンゴの芯やニンジンのかけらを食べていった様です。かわいいのですが、人を恐れなくなると殺処分されてしまいますから、果樹を早期に全部収穫できるよう背を低く剪定しなおしたり、コンポストにリンゴやニンジンを入れるのを止めたりと、うちで食べ物を見つけない様に対策中です。犬の散歩も出来るだけ二人以上で出かけ、リーシュを付けて歩くようにするなど、生活スタイルも変えてます。