メープルマウンテン日記

メープルマウンテン日記

森のガーデニング、自家用有機農業やバンクーバー島での田舎生活など。

2月の雪

f:id:kinamika:20210219180356j:plain

 

先週の雪は急速に溶けて、雪の中の散歩の楽しみはもう終わる。昼も長くなり、これから畑や庭の仕事が忙しい。

 

ところで、うちの5歳の犬のキナの目の近くに腫物が出来たので、獣医に見せたところ、マスト細胞腫では無いかと言う。調べると、悪性腫瘍の一つであり、アナフィラキシーなどを起こすこともあるらしい。

でも切除して組織診断してもらったところ、今日悪性の腫瘍ではありませんでしたとの連絡をもらった。家族で今日は大喜び。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

スノードロップ、黒ニンニクなど

f:id:kinamika:20210213173015j:plain

 

スノードロップは株分けして増やしてきたので、ダグラスファーの林床で年々充実してきている。でも、今年は誰も来ないので、周りの草取りもしないし、新たな株分け作業も省略だ。人知れず結構きれい。

 

f:id:kinamika:20210213173043j:plain

 

ふきのとうは今年は去年より少ない。上の畑で面積を減らしたため。下の畑でぐっと増やしたつもりだったのだが、そこは積雪で大木が倒れ込んで、まだ踏み入れない。フキノトウはあきらめるが、フキの収穫の時期までには倒木を片づけてやらないと。

 

f:id:kinamika:20210213173110j:plain

 

シャクナゲは今年はますます充実しそう。たくさん蕾が付いている。

 

f:id:kinamika:20210213173132j:plain

 

花壇に肥料・マルチとして入れたメープルの葉が、戻しても戻しても花壇から飛び出してくる。風のせいか、犬のせいかと不思議に思っていたのだが、先日原因が分かった。ツグミ(vaied thrush)が群れでやってきては、葉っぱをくわえて散らすのだ。見ていて面白いが、葉っぱのマルチは難しそう。

 

f:id:kinamika:20210213173150j:plain

 

黒ニンニクは、発酵器の中で一週間くらい熟成させて作る。最近作り始めたのは、実は間違えてニンニク発酵器を買ってしまったから。納豆づくりの為に買ったのだが、納豆菌が死んでしまう高い温度にしか設定できない。でも、黒ニンニクを細かく刻んでサラダに入れると、とても豊かな朝のメニューになる。ベーコンやハムみたいな加工肉(妻が止めたがっていた)をサラダに入れなくても、子ども達も満足してくれる。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

薪作り

f:id:kinamika:20210208173450j:plain

 

今は次の冬を越す為の薪作りの真っ最中。うちの他の暖房手段はプロパンだから、薪の方がより再生可能なエネルギー。でもヒートポンプ(ここは水力発電)の設置も出来る訳だから、どうして自分は薪を使い続けるのかなとふと思う。倒木の片付けが必要なのと、あとは自分や子どもに自立を学ばせるということかな。

 

f:id:kinamika:20210208173554j:plain

f:id:kinamika:20210208173607j:plain

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

窓枠のテーブル

f:id:kinamika:20210204144151j:plain

 

頼まれていた大工仕事の一つの、窓枠へのテーブル設置は終了。前回の記事に作業中の写真を載せたけれど、倒木からうちの道具で平らな板を作るのは、結構手間のかかる作業なのだ。

 

 

テーブルと言えば、私自身のパソコン作業用に作った、下の写真の寄せ集めの移動式テーブルが、健康管理にとても貢献してくれていると思う。立って作業をして、終わったら壁際に移動して片づける。作業中出来るだけ良い姿勢を保つことを心掛けて、腰への負担を避けるのだ。そして読むだけの作業時には、すぐ脇のベッドに転がって足を上に挙げ、ふくらはぎのむくみを和らげる。椅子に座った作業をほとんどなくして、腰とふくらはぎの助けになっている。

 

f:id:kinamika:20210205040407j:plain

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

春の庭作業の開始

f:id:kinamika:20210123174425j:plain

冬から春にかけての花が咲いてきた。これはマンサク。

 

秋の終わり頃から本当に忙しかった。今こうしてやっと一息つけるかなと思っている。このブログもあまりアップデート出来なかったし、フォローしてきたブログも最近は読めなかった。こういうときもあるな。

 

でも、これからは冬の間に出来なかった庭仕事(例えば薪の切り出しなど)も進めなければいけないし、春の庭仕事ももうすぐ始める必要がある。だからデスクワークは、ここで一区切りだ(まだ片付いたわけでは無くて、多分午前中と夜は殆ど毎日机に向かうだろうけど)。

 

庭では毎年の冬から春にかけての植物の活動が進行中だ。

 

f:id:kinamika:20210123181114j:plain

ふきのとうは、雪に埋もれなければ2月の上旬くらいから収穫する。半分は、早めに出てくるバンブルビーの為に残す。

f:id:kinamika:20210123181302j:plain

少し咲き始めたヘレボア(レンテンローズ)。これは長い間咲いて、バンブルビーの食糧になる。

f:id:kinamika:20210123181429j:plain

ナンテンの実

 

外の作業を始める前に、ずっと前から妻に頼まれていた大工仕事にかかった。まずは壁に設置する作業テーブルづくりだ。庭で倒れたメープルの木をチェーンソーでスライスして乾かしてあったので、それを製材する。

 

f:id:kinamika:20210123181754j:plain

 

同じ厚さの板を作って、貼り合わせる作業だ。うちにはテーブルソーしかなくて、きちんと直角で真っ直ぐな板に仕上げるジョインターやプレイナーなど持っていないので、精密なテーブル天板にはならない。まっ平ではないし、また貼り合わせた後で継ぎ目をスムースにするためサンディングの手間が多い。でも、ガレージも狭いし、少ないツールでモノ作りをする工夫も結構楽しいのだ。

 

f:id:kinamika:20210123182256j:plain

出来るだけ板と板を正確に継ぐには、このテーブルソーのブレードの直角が頼りだ。

 

今週の散歩からの写真を何枚か下に。

 

f:id:kinamika:20210123182504j:plain

f:id:kinamika:20210123182520j:plain

f:id:kinamika:20210123182546j:plain

f:id:kinamika:20210123182601j:plain

f:id:kinamika:20210123182616j:plain

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

雪景色のクリスマス

クリスマスの前、早朝から雪が降り始めたと思ったら、あっという間に雪景色になり、短い間に積もったこと。

 

f:id:kinamika:20201226172439j:plain

f:id:kinamika:20201226172519j:plain

 

雪が止むのを待ってから、庭木から雪を落とそうかと思っていたら、モミジなんかでは雪の降る最中に枝を落としたのも。

 

f:id:kinamika:20201226172751j:plain

 

雪が止んでから庭を一回りしてくると、結構大きな倒木もいくつも起こっていた。落ちた枝もたくさんあって、雪が溶けてからの後片付けの仕事もいろいろありそうだ。

 

f:id:kinamika:20201226172937j:plain

池の上に倒れたのは、結構立派なアルダーの木。

 

家の雪かきは、大半を子ども達がやってくれた。雪の重みでしなった庭木から雪を落とすのも、3人がかりだとお昼過ぎには終わった。

 

 

雪のクリスマスに用意したお菓子は、今年はチョコレートが中心。カカオパウダー、カカオバター、メープルシロップと塩、あとはナッツのトッピングだけで作ったシンプルなもので、とても美味しい。チョコレートってこんなに美味しい物とは知らなかった。

 

f:id:kinamika:20201226173627j:plain

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

 

来年に向けて野菜畑の土づくり

f:id:kinamika:20201217104930j:plain

 

今年の野菜づくりの成果を見るに、うちの畑の土づくりはまだまだこれから。カナダ西海岸では、温室設備が無い家では普通冬の間は何も栽培しないから、土を改善するのはその間だ。

 

今回の休耕期には、緑肥(よく使われるのはソバなんからしい)は施さなかった。秋に畑を片づける時間も緑肥の種を蒔く時間もなかったからだ。

 

近所から手に入りやすい牛糞も、今回の休耕期には追加しない予定だ。というか、今年の耕作期間の開始前に入れた牛糞が、十分に堆肥化していなかったようで、それが今年の野菜の成長を妨げたのではないかという疑いを持っている。でも、来年にはその牛糞が貢献してくれるだろう。

 

台所からの野菜くずと雑草などを積み上げた山は、先日ひっくり返してみたが、堆肥化に思ったより時間がかかっている。春にはまだ使えなさそう。

 

それで、結論として、今年畑の土の改善に入れるのは、積上げてあるビッグリーフメープルの落葉と、畜産資材店で買ってくるアルファルファミール(本来は飼料用で安い)と決めた。

 

 

ビッグリーフメープルの落葉は、花壇の植物の間に施したり、木の根元に与えたりするには、そのままマルチ材として被せればいいが、野菜畑だと、何らかの方法で砕かないと来年の土壌には貢献しない。むしろ、マルチするだけだと邪魔になってしまう。

 

それで、家にあるシュレッダーを使って砕く作業を始めた。

 

f:id:kinamika:20201217104947j:plain

 

とても良さそうな、腐葉土間近に見える土壌改善材が出来上がってくる。しかし、濡れた落葉は、砕くとシュレッダーの中につまり、ブレードとモーターを止めてしまう。止まっては中の掃除をしてかき出す作業を繰り返しながら、やっと一輪車一杯の材料が出来たところで、午前中が終ってしまった。

 

これはやり切るのはとても無理と判断。残念ながら、残ったほとんどの落葉は、花壇や果樹の栄養に、マルチ利用することにした。

 

f:id:kinamika:20201217132714j:plain

f:id:kinamika:20201217132738j:plain

 

野菜畑には、春前に、多めのアルファルファミールと石灰(たまたまもらったのが結構ある)を入れて、人力で耕そうと思う。落ち葉をそのまま入れて、耕運機を走らせる手もあるのだが、耕運機を借りてくるのも手間がかかるので、来春はやめておこうと思う。

 

f:id:kinamika:20201217133057j:plain

ホースの凍結による破損を防ぐ為に水抜き中。来年は、初めて花を咲かせるシャクナゲが結構何本もありそうだ。蕾が付いている。

f:id:kinamika:20201217133234j:plain

作業中森の中へ遊びに消えてしまうキナ(5歳)と比べて、1歳のテテは人の近くに留まってくれている時が多い。

 

 

そうそう、前回書いたヘレボアの病気対策は、しばらく前に終えている。空気が通りやすいように株元の落葉をどけ、葉を切り取り、肥料を施した。

密に生えすぎの場所からは掘り出して、状態の良いのをいくつかポットにしておいた。来春処分する株が出るかも知れないので、その代わりに植える為だ。

 

f:id:kinamika:20201217133438j:plain

f:id:kinamika:20201217133454j:plain

 

 

日本にいる家族が送ってくれたお菓子を食べながら、たくさんプラスチックごみがでる日本のお菓子の包装のことを思い出した。カナダに住んでいると、食べ物の包装がずっと少なくて、今はその方が心地良い。

 

f:id:kinamika:20201217134006j:plain

 

f:id:kinamika:20201217134254j:plain

最近は少量のメープルシロップだけで甘み付けするチョコレートがすごく美味しい。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

ガーデン仕事を進めた週末、生姜キューブ

この土日は、ガーデ二ングをして過ごす週末にすることが出来た。ここのところ机に向かう時間が多いが、それでも手が空けば外に出るのは億劫では無い。庭仕事をやり始めると、寒いのを忘れて没頭出来た。

 

一つの仕事は、ヘレボア(クリスマスローズもヘレボアだが、うちのは殆どレンテンローズ)の世話だ。

f:id:kinamika:20201130130418j:plain

今年の早春に、沢山のヘレボアが病気に罹った。ヘレボアを徐々に枯らす「ブラック・デス」と呼ばれる菌かも知れないが、そこまで悪くないものかも知れない。ナーサリーでも識別出来なかった。2ダースほどの病気のヘレボアを掘り起こして処分したが、今見ると、また少し病気が出ているものもあるようだ。

f:id:kinamika:20201130130612j:plain

菌に感染した様子のヘレボア

この菌がいずれであろうと、雨期の間、植物の中を空気が通るようにしてやることと、肥料をやることが病気対策として重要だそうだ。それで、植物の周りの落葉をどけて、今年の葉を全て根元から切り、そして落葉の代わりの肥料としてアルファルファミールを与えた。

f:id:kinamika:20201130133952j:plain

f:id:kinamika:20201130134019j:plain

百株以上有るので、まだ半分ほどしか終わっていない。今週も時間を見つけては作業を進めるつもり。早春に暖かい日があると、バンブルビーが出てくるようで、ヘレボアはそんな時の彼らの食糧源として大事だ。毎年たくさん種から芽が出てくるので、バンブルビーの役に立っているのだと思う。

 

庭の植物の剪定も開始。ノリウツギ、カンボクやタマフジウツギの剪定はやり終えた。果樹や花木はもっと寒くなってからでいいと思う。

f:id:kinamika:20201130134042j:plain

剪定中のノリウツギの一つ(左の壺の中)とタマフジウツギ(右)


植込み忘れていた新しい花壇には、アジュガを植えた。来年はともかく、再来年には一面埋め尽くしてくれると思う。

f:id:kinamika:20201130134108j:plain

 

ところで、コロナで家籠りになってから、妻と一緒に日本のYoutuberのビデオを見ることが増えた。料理ビデオが一つのジャンルだ。すごく参考になる。料理に生姜やニンニクをチューブからさっと出しては使うのは、すごく便利そう。うちでは生姜やニンニクはその都度皮を剥いて刻んだりすりおろしたりだから、とても手間がかかる。真似をすることにしたが、それでもプラスティックのチューブの使用は避けたいので、生姜は冷凍キューブの形態に、またニンニクはオリーブ漬けやしょうゆ漬けに、まとめて作る様にしている。生活が少し改善した。

f:id:kinamika:20201130134143j:plain

f:id:kinamika:20201130134209j:plain

 

庭で採ったハーブのブレンドティーは、うちで良く飲むお茶の一つだ。今は、ハーブのブレンドに、乾燥させたクインス(西洋カリン)を混ぜている。味も香りもとても良いし、ピンクがかったお茶が綺麗だ。

f:id:kinamika:20201130134227j:plain

 

雨期に入り、庭の湿地帯は水気たっぷりになって趣があるのだが、犬たちが泥を着けては帰ってくるので、足を洗ってやってから家に入れることになる。

f:id:kinamika:20201130134250j:plain

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

冬の庭作業を考え始める

ここではもう秋の風景も終わりに近づいている。

 

こんな紅葉が華やかだった風景も、、、

f:id:kinamika:20201123165857j:plain

 モミジが地面を彩る風景に移っているし、

f:id:kinamika:20201123170349j:plain

 庭の色彩もモミジより、今まで隠れていた何種類かのベリー(クラブアップル、イングリシュホリーやコトネアスター)の方が目立つようになってきた。

f:id:kinamika:20201123170508j:plain

 

ここでは植え替えシーズンのピークは秋なのだが、その作業ももうすぐやっと一段落。デスクワークにとても忙しい秋だったので、10月の早い時期から植え替えを始めて、やっと終わるところだ。

 

新しい花壇もいくつか作った。

f:id:kinamika:20201123171045j:plain

f:id:kinamika:20201123171128j:plain

今年は新しく入手してきた木の苗は無し。植え替えた木が5本あっただけ。陽当たりが少なすぎたり、地中の水が多すぎたりして、幸せに成長していない木を植え替えた。

f:id:kinamika:20201123171919j:plain

これら植え替えた5本が、来年の夏に水遣りを必要とする木だ。年々、40本、40本、20本、10本、5本と、最近は半減してきている。庭づくりが一段落してきたということだ。

 

庭の食べ物の収穫は、もう残り物を片づけるだけ。小さなアーティチョーク、ワケギ、リーク、、、

f:id:kinamika:20201123171457j:plain

f:id:kinamika:20201123171511j:plain

 

保存食作りの作業も落ち着いてきた。

f:id:kinamika:20201123172554j:plain

ハーブティーのブレンドには、干しクインス(黄色)を沢山入れるようにしたところ、味も楽しいものになったし、お茶にきれいな薄赤色がつくようになった。

f:id:kinamika:20201123172934j:plain

野菜や果物の瓶詰め作業もひと段落。

f:id:kinamika:20201123173802j:plain

キムチ作りは最近始めたばかり。浅漬けの方が評判が良くて、若いうちに食べてしまう。

 

さて、そろそろ冬の庭作業に、優先順位をつけて行かなければいけない。思いつくのは、あちこちの施肥(落葉とアルファルファミール)、庭木の剪定、庭に張り巡らしたホースの水抜き、朽ちた木枠の畑の作り替え、朽ちた木の階段の補修、新しい鹿用防護柵の設置、朽ちた花壇のエッジングの取替え、バラのアーバー設置、といったところだろうか。

 

最近思うが、デスクワークで、自分を忙しいところに追い込み過ぎている。いつも寝不足で頭が冴えない感じだ。考え直さなければなあと思う。

 

f:id:kinamika:20201123174834j:plain

少し前に、この島では一番大きな街であるビクトリアへ行ったとき、久しぶりに外食。良い飲茶の店があることを初めて知った。その後で島のコロナ患者が急に増えたので、すぐにもう一度行くわけには行かないなあ。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

 

 

落葉掃除、メンブリオなど

今年はビッグリーフメープルの落葉を、3度片づけることになる。毎年2度だけだったのだが、雨の時期とも重なるため、落ち葉が砂利道の上で車にも踏まれ、どんどん分解して、掃除しにくくなるのが悩みだった。それで今年は3度にした。3度目は明日からの今週末だ。

f:id:kinamika:20201107140202j:plain

f:id:kinamika:20201107140247j:plain

 

集めた落葉は全部花壇と畑で土づくりに使う。

 

初回は私と長女の二人で掃除したが、2度目は長女と次女の二人で一日がかりでやってくれた。3度目は明日また二人でやってくれるようだ。段々頼りになるようになってきた。

 

庭のモミジは、今は最後の何本かがきれいに紅葉している。

f:id:kinamika:20201107140602j:plain

 

鹿用防護柵で囲む予定の場所には、鹿に食べられる植物を植えすすめた(これまでデッキなどに避難させてあった)。一つだけ、新たに買ったのがチューリップの球根だ。今まで、鹿に食べられるので植えられなかった。

f:id:kinamika:20201107140913j:plain

 

鹿よけで囲むエリアに植えたのは、チューリップ以外には、マウンテンローレル(アメリカシャクナゲ)、コバノズイナ、ディアヴィラ(ブッシュスイカズラ)、セダム「オータムジョイ」、フロックス、オカトラノオ、デイリリー(ヘメロカリス)、マルベリー、セイヨウカンボク、トーチリリー(オオトリトマ)などだ。

 

 

クインス(西洋カリン)の保存食は、さらにいくつか新しいのを試みた。秀逸なのはメンブリオだ。クインスのジャムを煮詰め、オーブンで低温で乾かし焼きし、さらにフードディハイドレータで何時間か乾燥させる。羊羹状になるのだが、これがチーズやナッツと一緒に食べるとすごく美味しい。

f:id:kinamika:20201107142723j:plain

 

ぜひぜひお試しあれ。昨年はうまく固まらなかったのだけれど、妻のクロアチアのフェースブック友達が教えてくれた。お湯でクインスを煮た時点で、ジュースを取り出しておくのがこつだった。

 

他に、クインス味噌は豆腐に載せて食べるのが美味しいので、いくつも瓶詰めした。クインスチャツネの瓶詰めもたっぷり作った。

 

 

先日、妻が端切れで作った洋服の写真をリクエストいただいたので、次女にも協力してもらっていくつか撮りました。靴下以外は全部手作りです。

f:id:kinamika:20201107143153j:plain

f:id:kinamika:20201107143214j:plain

f:id:kinamika:20201107143237j:plain

f:id:kinamika:20201107143315j:plain

ついでに小さくなった既製のTシャツのリメイク品なんかも。

 

f:id:kinamika:20201107143418j:plain

昨日妻がアート教室に持って行った「見本」の絵。脳傷害や脳梗塞でリハビリ中の大人向けの教室だが、生徒さん達は静物画をそっくりに描くことばかりにこだわってしまうそうだ。それで、当日のテーマの陶器を、そっくりにこだわらずに描いて持って行ったところ、生徒さんがより自由に描くようになってくれたということだ。

 

 

自分と家族用の記録ブログですが、興味が共通する方がいるかもと思いました。下をクリックいただけると、新しい人に読んでいただける機会が増えるそうです。出会いがあるかもと楽しみにしています。コメントやご連絡もどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ